HTRF® シンポジウム in Tokyo

2016年9月29日にステーションコンファレンス東京で開催しましたHTRFシンポジウム in Tokyoは盛況をもちまして終了いたしました。お忙しいところ、ご来場をいただき誠に有り難うございました。

下記プログラムの右横にあるファイルをクリックいただくと、ご講演のビデオをご覧いただくことができます。今後とも新しいアプリケーションや新製品情報を迅速に皆様にお伝えして参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

< 開催日 >

2016年9月29日(木)

<会場>

ステーションコンファレンス東京

Monash University (Australia)
Monash Institute of Pharmaceutical Sciences
R.D. Wright Biomedical Research Fellow (NHMRC)
Robert Lane, PhD

【講演タイトル】
Harnessing Allostery and Bias to Target G protein-coupled receptors
国立がん研究センター
先端医学生物学研究領域
新領域創成グループ
難治進行がん研究分野
研究員
中島 克彦, PhD

【講演タイトル】
Targeting CDCP1 pathway for cancer therapy
Merck (U.S.A.)
Principal Scientist, Department of In Vitro Pharmacology. Merck Research Labs
Jerry Disalvo

【講演タイトル】
β3AR agonists for the treatment of Urinary Incontinence: You can teach an old GPCR new tricks
第一三共RDノバーレ株式会社
創薬基盤ユニット 生物評価研究部 HTSグループ
専門研究員
桜井 東洋

【講演タイトル】
Ultra-HTS Using 3456-Well Plate and HTRF Technology in GPCR Drug Discovery

ご講演資料

【pdf】

Institute of Functional Genomic (France)
Translational Biology Department
Director of Research
Stéphane Dalle, PhD

【講演タイトル】
Deciphering signaling pathways controlling pancreatic beta-cell function and mass: From target discovery to innovative therapeutic strategies for Diabetes
Cellular Dynamics International (U.S.A.)
Manager of Applications, Application and Support
Coby Carlson, PhD

【講演タイトル】
HTRF-driven Analysis of Disease-relevant Signaling
Pathways in Human iPSC-derived Neural Cell Types
Cisbio Bioassays
Vice President, Research & Development
Eric Trinquet

【講演タイトル】
Combining HTRF assays to investigate signaling pathways: a powerful approach to address the cell complexity

併設展示会